まつげ美容液の効果はすごい

まつげ美容液の効果はすごい

以前香港へ旅行をした時に、ガイドブックに載っていたおススメのまつげ美容液を購入してみました。

 

デパートの化粧品カウンターで美容部員の方に使用法を聞くと、一日に一〜二回程度まつげの生え際に塗ればいいとのことでした。

 

 

まつげ美容液の魅力 http://plaza.rakuten.co.jp/portilla555/

 

 

購入したまつげ美容液はわりと小さいもので、

 

キャップを開けるとそのままブラシがついているという、

 

マニキュアの容器の一回りほど小さくなったものでした。

 

 

 

私にとって始めてのまつげ美容液だったので、

 

 

他のものがどういうものなのかはわかりませんが中身の液体は濃い茶色をしていました。

 

正直大丈夫なんだろうかと半信半疑です。

 

 

 

ただそこの化粧メーカーで基礎化粧品なども購入し使用感がとてもよかったので、

 

私はまつげ美容液デビューを決心したのです。

 

 

 

美容部員の方に言われたように美容液をまつげの際に毎日塗ってみました。

 

始めの数日は特になんの変化もなくただただ無心に塗る日々でした。

 

 

 

一週間か二週間ほど経ったときでしょうか。

 

なんとなくまつげに変化が現れました。

 

 

 

私のまつげは上も下もわりと生えているのですが、

 

下まつげのところどころに隙間があるんです。

 

その隙間がなんとわずかに埋まってきたのです。

 

というか全体的に密度が濃くなりました。

 

 

 

劇的な変化は無理でしょうが塗り続けることで少なからず効果は現れます。

つけま派も、地まつげ派も、まつげ美容液

 

まつげを長く見せたいとき、いろいろな方法があるし、

 

いろいろなアイテムがありますがその中でまつげ美容液は

 

ナチュラルにまつげを長く見せたい地まつげ派にとって、

 

かなり頼れるアイテムだと思っています。

 

また逆に、つけまつげ派の人にとっては、

 

付けまつげの着脱などの度重なるダメージで痛んだ地まつげをケアしてくれる

 

優秀アイテムだと思います。

 

 

 

地まつげ派のまつげの最終仕上げのマスカラは、

 

大雑把に分けて、ボリュームタイプかロングタイプがあります。

 

どちらもまつげを補助してくれる繊維(ファイバー)入りのものが多いですが、たくさん重ね付けすると

 

まつげが重くなったり、地まつげが補助されるすぎてゴワゴワした感じの質感になってしまいます。

 

 

 

では、マスカラ下地を使えばすべて解決するかというとそうでもなくて、

 

マスカラ下地にもやっぱり繊維入りのものが

 

多いので、繊維プラス繊維になってしまい、まつげの伸び率はよくなるものの、質感の改善にはあまり・・・と

 

なってしまいがちでした。

 

 

 

なので、地まつげ自体をしっかり太くして、伸ばしていく作業って結構大事です。

 

使う時は、まつげ美容液は栄養分が多いので、

 

マスカラ本体が皮膚につかないようにして、マメに塗るといいです。